石垣島インバウンド

石垣島外国人渡航者

「トリップアドバイザー」で石垣島が、「世界で人気急上昇中の観光地第1位」に!

数でいうとインバウンドで最も多い台湾や香港、韓国は近いのでまだわかるのですが、遥か彼方のヨーロッパから来たゲストも意外とたくさんツアーに参加しているようです。

では、石垣島にはどれくらいの観光客が来ていて、どれだけ稼げているのでしょうか?

2020年8月に沖縄県の公式ホームページで発表された「八重山入域観光客数統計概況(推計)」によると、昨年は上半期だけで65万人の観光客、観光消費額は402億円となり、前年度と比べるとどちらも増加したそうです。

因みに、平成28年(2016年)の八重山諸島観光客数はおよそ126万人!一方、沖縄人気離島ランキングで首位を争う永遠のライバル、宮古島の同年の観光客数は約70万人沖縄本島は680万人とのことでした。

平成29年(2017年)上半期の64万人のうち、外国人インバウンド観光客の占める数は12万人!!

毎週のように入港してくる海外クルーズ船のことを思い出せば納得のいく数ですが、20

つまり5人に1人がインバウンドの外国人と考えると、かなりビックリしませんか!?

もちろん圧倒的多数は台湾・香港及び中国本土からのゲストですが、
驚いたことに欧米から訪れるゲストも決して少なくはないようです!

トリップアドバイザーがこのほど行った「人気上昇中の観光都市2018」で、沖縄県石垣市が世界ランキングで1位を獲得した。世界中の観光客から注目を集めており、その滞在にも満足しているようだ。

 「人気上昇中の観光都市」は、同社に投稿された1年間の世界中の旅行者の口コミをもとに、前年と比較して口コミでの評価や注目度がとくに上昇した観光都市をランキング化したもの。世界的にも有名になってきている石垣島には、多くの外国人観光客が訪れています。

○石垣島の魅力

石垣島で一番人気の観光スポットは、「川平湾」。ガイドブックで見た写真と同じ景色が広がる、石垣島へ行ったならば必ず立ち寄りたい場所だという。「定番中の定番」、「絵に描いたような美しい眺め」といった口コミが寄せられている。

多くの旅行者がグラスボート遊覧船を楽しんでいる。石垣島に対しては、英語、中国語での口コミも近年増加傾向。英語圏の観光客は、「プライムスクーバ 石垣ダイビングセンター」が人気を集めていた。フレンドリーなスタッフが多く、マンタ遭遇率が高いことが人気の要因に。

 石垣市長の中山義隆氏は1位選出を受け、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで3つ星をいただいた川平湾をはじめ、ダイビングエリアとしても有名な美しいサンゴ礁と、エメラルドの海に囲まれた豊かな自然にあふれる島です。その夜景は、88ある星座のうち84の星座を見ることができる世界有数の星空の宝庫。地元でとれたマグロや南国のフルーツ、地域ブランド和牛“石垣牛”などは、食通の皆様に満足してもらえるはず。また、古くから“詩の国、うたの島、踊りの里”といわれ、美しい風土や、細やかな人情によって育まれたさまざまな民俗芸能が盛んな島です。皆様のご来訪を心よりお待ち申し上げます」とコメントした。

石垣市の観光客数推計

人口約5万人の石垣市に令和1年は160万人以上の観光客が来島しました。その後はコロナウイルスの影響で激減しましたが、2022年のGWにはコロナ以前と比べて新石垣空港利用者が70%近くまで復活してきたそうです。

GWは外国人観光客無し(大型クルーズ船乗入れ無し)での数値であれば今後は右肩上がりで増加していくことが予想されます。

石垣市観光大使であるナインティナインの岡村隆史さんを筆頭に芸能人も多く来島する石垣島はこれから賑わいを見せてくれることでしょう。

石垣島路線別入域観光客数推計(平成29年~令和3年)

沖縄県入域観光客数推計

PAGE TOP